銃にライトを載せて使うという現在当たり前のことが無茶な発想だった時代。それをやってのけた会社がある。

日常生活の中で実用本位で使うのならば、オーム電機やジェントスといった国産メーカーの単三仕様(充電式エボルタも使える)のLEDライトが一番実用的だ。

だが、敢えて『SUREFIRE』のそれもキセノンバルブ仕様ライトを選ぶロマンはどうだろう。

アカリセンターさんがブログの『SUREFIRE 6P キセノン』の記事で以下のように、言い切る形で書いているので引用させていただいた。

 

『キセノンに関して言えば現状「ロマン」以上の性能はありません。』

引用元 http://akaricenter.blog.jp/archives/52188131.html

ロマン以上の性能はないなんて、なんと良い響きだろうか。ところが、こいつはバルブ交換次第でいかようにも化けるポテンシャルを秘めている。秘めた野獣性ってやつだ。


スポンサーリンク

今回はそんなSureFireというメーカーと、同社製キセノンライトの傑作であるSureFire 6Pについてご紹介してみたい。

SureFireは1984年、ロサンゼルス市警のSWATチームからショットガン用のレーザーサイトを借りたいという要請があった経験からLaser Products創設者のジョン・マシューズは法執行機関が求めるものを考えた結果、当時としては画期的な武器に取り付け可能なライトというアイディアでした。そのアイディアからLaser Product戦闘用の丈夫で高出力かつコンパクトな照明ツール、武器に取り付けるものから盾用のライト、バトンライト、戦力として一時的に視界、バランス感覚、平衡感覚を失わせる明るさとパワーのあるフラッシュライトを作り、Laser Productから現在のSureFireと名前を変えた現在、SureFireは最高のフラッシュライトの同義語として世界中で認知されています。

引用元 Amazon (シュアファイア)SUREFIRE SIDEKICK コンパクト LED キーチェーンライト SIDEKICK-A

もともと、SureFire社はLaser Products社という名称であった。なぜLaser Products社が目潰しライトを作り始めたのか。本来、ライトとは単に闇を照らすものであるはずだ。その理由は警察からの要望に基づいた社長のアイデアだったことがわかる。

その後、『シュアファイア』に社名を変えた同社では主に懐中電灯と、銃器にマウントさせることを目的に開発されたウェポンライトを製造している。

本項で紹介するSureFire 6PのPは『パーソナルモデル』という最も基本の区分にカテゴライズされていることを表している。航空宇宙用のアルミニウム合金の削り出しによって製造されるSureFire 6Pは軍用にも耐え得る強度を持ち、実際にアメリカ軍に広く普及しているハンドライトだ。

SureFire 6Pには1988年から2000年まで生産されたいわゆる旧型モデル、そして2001年からは全長をやや伸ばして、ヘッドに転がり防止の六角をつけて全体のデザインが大幅にリニューアルされ、その後も細かな改修が行われながら2017年まで製造販売されたSureFire 6P Originalがある。

SUREFIRE 6P(旧型)との違いと、当時の競合他社製品との比較広告

※画像は現行の6Pオリジナルで、旧型とデザインが異なる。

現在主流で省エネに優れたLEDではなく、光源はキセノン球であったが、当時の懐中電灯としては非常に強力であった。

Surefireのなにより優れている点は、マグライトなどそれまでの懐中電灯の宿命であった照射面にダークスポットが出ないこと。つまり、照らされた光の中央に影が出ないのだ。

これがキセノンバルブの照射。画像からだとわかりにくいが、肉眼で見るとかなり濃いオレンジ色なのだ。アカリセンターさんによると、6Pを購入した人から『なんで光が楕円なんですか』という不良品を疑う質問が来るそうだ。見てもらえればわかる通り、やや楕円形のようないびつな中心光がP60バルブの特徴なのである。

SUREFIRE 6Pにはストライクベゼルがない

SUREFIRE 6Pにはストライクベゼル付きの『ディフェンダー』というモデルもあるが、素の6Pには見てのとおり、ベゼルにトゲはない。このストライクベゼルについては別のページにて個人的な見解を載せた。ここに書かないことにした。興味があれば、一読を願う。

フラッシュライトのストライクベゼルについて個人的な見解

 

高出力のキセノンライトはデリケートなので扱いは注意が必要。ランニングコストもかさむが、替えバルブは社外品も豊富で安価に購入可能。

銀色に輝く反射鏡(リフレクター)はオレンジの皮のような、その名も『オレンジピール』加工がなされている。この加工によって広範囲をむらなく照らすことが出来る。

キセノンライトを運用するうえでの問題点は、まずそのキセノンバルブの寿命だ。LEDは基本的に長寿命で寿命が無いに等しいが、キセノン球には数時間程度の寿命しかない。

しかも連続点灯させようモノなら熱によって数十分でおシャカになるし、レンズがポリカーボネートであれば、熱で溶けることもあるので危険だ。

決してスイッチを切り忘れてはいけないし、カバンの中で不意にスイッチが入るようなことがあってもならない。

6Pのプッシュスイッチは最後まで押し込むようなものではなく、やや強く押し込んでようやく2ミリほどヘッコむだけだ。

6Pには誤点灯を防止するため、テールキャップ(テールスイッチ)を反時計回りに回すことでプッシュスイッチを押し込めなくなる『ロックアウト機構』も備わっているので安心だ。

もちろん、交換用のキセノン球(P60)は売られているので、電球が切れれば、専用のバルブに交換すればいい。ただ、シュアファイヤはバルブアッセンブリーごと交換になるため高価だ。

6Pの構造はいたってシンプルだ。ヘッド、バルブ、チューブ、テールスイッチ、そして電池。

ストリームライト社のライバル機種であるスコーピオンはSUREFIRE 6Pと違って、キセノン球そのものだけ取り換えることが出来るし、バルブ一個あたりの価格は経済的だ。しかも最初から予備球が1つ付いているのでお得。

光量はスコーピオンが75ルーメンでSUREFIRE 6Pが65ルーメン。スコーピオンはワイドとスポットを調節できる仕様なので、SUREFIRE 6Pよりも実用的でもある。当時のアメリカでは予算潤沢な特殊部隊がSUREFIRE 、頭数が多いわりに装備品の予算の少ないパトロール警官などには安価なスコーピオンのシェアが大きかったとされている。

モルダー捜査官愛用の『ストリームライト スコーピオン』レビュー

なお、6Pには日本警察に怒られそうなトゲトゲを付けてクリックスイッチに換装した『6P Defender』、それに
SUREFIRE純正のLEDバルブP60L(公称80ルーメン)をはじめから搭載した『6P LED』および『6P LED Defender』というモデルもかつて存在した。いずれもすでにP60Lバルブも含めて廃版になっているが、P60Lについてはまだ在庫があるショップもあるようだ。

筆者は価格の安い社外品のLEDバルブでLED化させた。その手法を以下のページで解説している。

Veeki製LEDバルブでSUREFIRE 6PをLED化してみた

電池はこちらで解説。

シュアファイヤ純正電池『SF-123A』とは?

シュアファイヤ6Pのメリットとデメリット

最後に簡単にまとめておさらいで締めたい。

6Pのメリットというか、良い点を列挙してみた。

  • ヘッドとチューブを分離出来るので、ほかのモデルより群を抜いてカスタマイズ性が良い。すなわち抜群。
  • 社外品のP60バルブ互換のLEDバルブに簡単に換装可能。ドロップ・イン・モジュールの真髄ここにあり。
  • LEDバルブに換装すると16650充電池が使えるため、電池代がほぼゼロに。
  • すべてのタクティカルライトにつながる系譜の原点を味わえる。
  • 未使用で寝かせておけば将来的には値上がりして資産価値もある・・!?

そして、シュアファイヤ6Pのデメリットというか、惜しい点(悪い点ではなく)を列挙してみた。

  • 金属ボディなので冬に冷たい、傷つきやすい、酸を扱う業務での使用に弱い
  • キセノンバルブは短時間商照射での運用が基本。
  • キセノンに関して言えば現状「ロマン」以上の性能はありません(アカリセンターさん談)。
  • LEDバルブ換装などカスタム前提なので本体+社外バルブ代がかかる。もちろんキセノンバルブのままで使ってもよい。
  • 16650は入るが、18650は入らない。ただし、ボアアップ加工を行う業者(アカリセンターさんなど)もある。ただし、削ると生涯保証は無効に。

スポンサーリンク