シュアファイヤの使用電池『SF-123A』とは?

バルブも高価なら使う電池もまた高価だ。スコーピオンもシュアファイヤも使用電池はリチウム電池のCR123Aであり、単三電池を使用するライトが民生の当たり前のニーズであるのに対して、高価で近所のコンビニエンス・ストアではまず手に入らないCR123Aを使うライトは非常にコスパが悪いと言わざるを得ない。

考えれば当たり前の話でもある。ユーザーが警察官や軍人なのだから。彼らは装備課や需品部隊に申告して、あらかじめ大量に支給を受けいてるはずだ。電池が切れたとしても車両のグローブボックスを開ければ、大量にストックされているだろうから、わざわざコンビニやウォルマートに走らないだろう。


スポンサーリンク

CR123A自体は優れた電池であり、10年放置しても電圧の低下も少なく液漏れも起き得ず問題ないが、やはり高い。

中国製のKeenstoneというメーカーの18本入り。

製造メーカーや製造国にこだわらなければ、モノによって安く買えないこともない。

しかし、シュアファイヤ社が推奨する電池が自社ブランドのSF-123Aであることに留意すべきである。

このSF-123AはSureFireがSureFireの為に開発した大容量専用乾電池であり、また銃の発砲の際にかかる衝撃によるショートを防ぐため、ショックプルーフと呼ばれる耐衝撃構造になっている高性能電池だ。SF-123Aは世界各国の警察特殊部隊でも使用されている。

SF-123A自体は日本国内での販売価格を見る限り、富士通やPanasonicといった一流メーカー品と比べても際立って高いわけではない。アカリセンターさんによれば、SF-123Aが一般的なCR123と比べてもずば抜けて優れているとは感じられないそうだ。

しかし、シュアファイヤ社の生涯保証による無償修理を受ける権利は、このSF-123Aを使用して正常な状態で使用していた際に限られることを知っておきたい。

中国製の粗悪な123Aを使って液漏れしてスイッチ部分まで汚損させた場合、無償修理は受けられず、有償修理となる。

ただ、並行輸入品で最初から生涯保証がないものを使うなら、日本のメーカーの一般的な123Aを使うのも手だ。民生の現場で使うなら性能上、なんら問題はない。電池の液漏れは中国製の安価な電池をつかわなければ、起き得ないトラブルでもある。何と戦ってんのって話だが、実銃に載せて使う特殊な人などはショックプルーフ仕様の純正SF123が必須かもしれない。

LEDバルブに交換したSUREFIRE 6Pならば、16650充電池を使うことでランニングコストをほぼゼロにすることも可能だ。なお、キセノン球のライトでリチウムイオン充電池を使うと球が焼き切れるので使ってはいけない。

というよりSUREFIREという会社自体が長らくリチウム充電池を嫌っていたフシがある。

なお、SUREFIRE 6Pに容量の大きい18650は太くて入らないが、アカリセンターさんでは6Pの内径を削って18650充電池を入るように加工してくれるサービスもあるようだ。


スポンサーリンク