前回はG2Xプロを購入したが、今回は照射パターンがプロとは逆となるSUREFIRE LE (Law Enforcement) を購入してみた。

SUREFIRE G2Xシリーズのそれぞれの機種の違いって何?

あのね、シュアファイヤの購入を検討している方。筆者は絶対にハイ&ロー搭載モデルをお勧めする。スポットが強力過ぎて近距離の対象物がその明るさで消失してしまうのだ。


スポンサーリンク

SUREFIREが得意なこと、苦手なこと

一般にSUREFIREのフラッシュライトは緻密に設計された照射効率の良いリフレクターによって、強烈なスポットビームを対象物に浴びせかける。またその強烈な光を遠方に飛ばすことも得意だ。何度も言うが、SUREFIREの開発思想の原点は光による幻惑によって対象者の視力を一時的に奪うことにある。

逆に言えば、ローモードが搭載されていないタクティカル系では、手元などすぐ近いところを照らして作業することは『眩し過ぎて』厄介だ。明るすぎて対象物が消失してしまう。自分の手元に目潰し攻撃をかけるのは得策ではない。ミギー。

とくに昨今、200ルーメンから320、そして600ルーメンとハイパワー化されてきたG2XシリーズのなかでもローモードのないG2Xタクティカルや6PXタクティカルは日常使うには非常に使いにくいのである。

したがって、15ルーメンのローモードを搭載した『プロ』のほか、意図しないローモードでの照射を防ぐため、最初からローモードを搭載せずハイモードのみのシングル・アウトプットとした『タクティカル』がある。さらに『プロ』と逆の順序、つまり最初の押し込みで600ルーメンのハイモード、2回目でローモードになるタイプが、今回ご紹介する法執行官向けモデルのLEなのであーる。

現場の用途によってもローからハイへ切り替わる順序の違いが求められることから、各種モデルにこういった違いがあるわけだ。ややこしいね。

SUREFIRE LEがかっこいい理由はたった一つ

ヘッドにはCでもないDでもない、LEの文字が入る。おまけになんかシリアルナンバーが入っている。これがかっこいいと思う。

なお、前回の320ルーメン版のproでは赤いパッケージングだったが、600ルーメン版では洒落たアースカラーになっている。なかなか落ち着いて高級感のあるたたずまいだ。ただ、こだわるところはそこじゃないような気が。仕舞いやすいようにボックス仕様にしてほしい。コストがかさむのだろうか。

SUREFIRE LEの照射能力

15ルーメンモード。画像補正はしていない。これで広範囲を照らすのはさすがに頼りない。弱い光で暗がりを照らすと余計に不気味に思えるのはなぜだろう。

 

最大光量600ルーメンでズバッと照射。オバケもびびる明るさだ。画像補正なし。ただし、実際に見た感じに比べると写真の写りは暗い。

 

こちらは上の600ルーメンの写真をPhotoshopで多少明るく補正したもの。こちらのほうが実際に見た感じに近い。激安中国製ライトを販売するサイトが行うインチキ手法だが、自動コントラストをかければもっと明るくなる。1000円の中国製ライトが1600ルーメンも出るかよ。買った人がレビューで怒ってるのを見るたびにルーメンとは何ぞやと思う・・。

 

15ルーメン。非補正。暗いなあ。

 

600ルーメン補正済み。道路の両端も何ら問題なく照射可能。

 

600ルーメン補正済み。

SUREFIRE G2X LEがグリップ・フィーリング良くない理由

これは、先に買ったプロでも同じく感じたことであるが、はっきり言って、G2Xのフィーリングは良くない。滑りやすいんだよナイトロロン素材は。

素材特有のスベスベ感、そしてテール部分に段差を設けていないマッタイラ・デザインでは、手からのすっぽ抜けがどうしても怖い。フィンガーリングも別売で用意されているが、装着したくはない。

例えば、デザインとしてテール最後端が一段盛り上がっているタクティシャンならすっぽ抜けはないだろう。


クリップも滑り止めの役割を果たすはずだ。

が、18000円はさすがに手が・・・手が出ないお。さすがーに。

SUREFIRE G2X LEは11650充電池を使えば電池代を気にせず、夜のウォーキングでもガンガン使える

なお、G2Xシリーズで18650充電池の仕様については不安が残る。18650は抜けなくなる可能性があり、お勧めできない。6Pと違って現在のG2Xや6PXシリーズではヘッドがネジロック剤で固着されているため、万が一電池が抜けなくなった場合は取り出しが苦労しそうだ。ネジロック剤を落とせばヘッドも外せるだろうが、外してしまうと保証対象外なのでおすすめできない。

なので、筆者は18650よりもわずかに直径が細いKeeppower16650 2000mAhを使用している。

二本セットで600円もするcr123を使うライトはランニングコストの面で問題があるが、社外品の16650充電池を使えば解決できる問題となった。

G2Xで使える充電池のは16650充電池だ。18650を買わないように注意したいところ。使い捨てのcr123と比べて若干暗めだが、問題なく使用できる。何よりcr123の電池代として年間8000円弱出ていたランニングコストが2000円の投資でほぼゼロになったのだからありがたい。

それまではとても夜の散歩に使えるようなものではなかったし、夜間、近所のコンビニに行くときは単三電池2本仕様で480ルーメンのオームのレッドカイザーを使っていた。このライトは使い勝手が良い。

映画やドラマの世界の主人公は電池代なんか気にせずにCR123Aのライトをガンガン焚いて家屋に突入している。例えばクリスマス・イブの夜、お互いにSUREFIRE 6Pを手にして幽霊屋敷に『私的な捜査』で潜入していたXファイルの主人公であるモルダーやスカリー。

あるいはシーズン7 #06 「ゴールドバーグ」で捜査で訪れたアパートメントの住人の主婦に、たまたま水道修理を頼まれて快く引き受けたはいいものの、バルブを逆に締めて破壊し、水漏れで床をぶち破り、そのまま階下に落下した間抜けな相棒を上階の穴から笑いを抑えてSUREFIRE 6Pで照らすスカリー。

『Xファイル』でモルダーとスカリーが使ってきた懐中電灯を作品レビューを挟みながら考察!2016年版および2018年版で登場したライトもご紹介!

あるいはシーズン6 #15「スイート・ホーム」で内偵捜査のため、相棒と夫婦のふりをして高級住宅街に住み、近隣の主婦の買っている犬が逃げて側溝に入り込んでしまい、探すために颯爽とポケットからSUREFIRE 6Pを取り出して穴に突っ込むスカリー。ガンガン焚いてたね。連邦捜査局の経費で。

もうわかったって。

充電池16650を使うことで予算の少ない民間人もSUREFIREで遠慮なくバンバン使っていいライトになった。夜間の犬のウオーキングや散歩にもガンガン持ち出そう。

SUREFIREの防水性能

基本的にSUREFIREはOリングで防滴性を確保しているのみであり、防水性がない。

G2Xのカラーバリエーション

なお、カラーバリエーションはオーソドックスな黒のほか、砂漠地帯に展開する部隊向けのタンがある。

また、消防士向けのレスキューオレンジやコーストガード向けにイエローカラーもある。

なお、シュアファイヤ最強の傑作ライト6Pは以下のページでレビューしている。

キセノンライトの傑作!SUREFIRE 6Pってどんなライト?


スポンサーリンク