さて、以前よりSUREFIRE G2xについて記事にまとめてきたが、今回は近年日本国内で発生した凄惨な事件による公共交通機関 JRの対策と、その非常用の緊急用品に SUREFIRE G2X with MaxVision が正式に採用されたという点について考察してみたい。


スポンサーリンク

日本の公共交通機関で採用されたG2X with MaxVision (G2X-MV)

画像の出典元 JR東日本プレスリリース http://www.jreast.co.jp/press/2018/20180903.pdf

G2Xについては前回の記事でそれぞれのモデルごとの特徴を解説したとおりだ。

SUREFIRE G2Xシリーズのそれぞれの機種の違いって何?

近年ではG2X with MaxVision(G2X-MV)という、従来のG2Xに『マックスビジョン』を搭載した新モデルが発売された。

価格帯が上述の3機種よりも50パーセント以上高価かつ800ルーメンモデルなので、同じシリーズ中に含めるか迷った。名称からすると、あくまでG2Xシリーズの中の上位機種だろうか。

G2X-MVの外見上の特徴はそれまでのG2Xシリーズと異なり、口径の割に小さなリフレクターが特徴となっている。

その用途は、より明確な『制圧』を目的としており、通常モデルのG2Xシリーズでは太かった芯のスポット光がさらに太くなっている。言わば、それまで点であったスポット光がより広くなり、面での制圧に適したものになったということだ。

例えば、暴漢が複数だったり、法執行官やセキュリティ専門の警備業者ではない者でも、より容易に暴漢の目をつぶして行動を抑止できるのだ。それは2018年にG2X-MVが日本のJRの乗務員用として配備されたことでその有効性が認められた形となっている。

2018年6月に東海道新幹線『のぞみ』車内で発生した事件では、ナタを持った犯人に襲われた女性客を守ろろうとした乗客の男性が加害され、命を落とした。この事件では密室という新幹線の車内における防犯の問題や、手荷物検査、そして乗務員への防犯用品の配備が議論となった。

そして同年9月、JR東日本は新たに乗務員用に護身具として警戒杖や防護盾、催涙スプレーなどを配備するとしてそれらをプレスリリースで公開した。その中にはフラッシュライトもあり、そのモデルこそがG2X with MaxVision (G2X-MV)であったのだ。

JR東日本プレスリリース http://www.jreast.co.jp/press/2018/20180903.pdf

ただし、G2X-MVは押し出し一発目が15ルーメンのLOWモード。2押し目で800ルーメンのHIGHモードになる仕様で、G2Xプロと同様の非・実戦向けともいえる調光パターンになっている。

マックスビジョン搭載機種かつ押し出し1発目で800ルーメンを求めるならば、より実戦向けのコンバットライトであるG2Z-MVをお勧めしたい。


スポンサーリンク