実は別項にて書いたバンドエイド・ノーズマンにおいて、X-ファイル 2016小説版(クリス・カーター・著/竹書房・刊)では小説版Originalとも言える興味深い部分が描かれていたのでご紹介する。

竹書房公式サイト http://www.takeshobo.co.jp/book_d/shohin/6031702

こちらの小説は『X-FILES X-ファイル2016』のエピソード全話を完全小説化!とのことで、テレビ版の後に小説化されたものなのだ。

小説版『バンドエイド・ノーズマン』のエピソードにはテレビドラマ同様、トラッシュマンが潜む廃墟の地下へ捜査のために侵入するモルダーとスカリーのシーンがあるが、その場面において以下のような描写がある。

「なんだよ?あの坊やを撃ったりしないよ。それに僕はもう、階段を駆け上がって追いかける年齢じゃない」
「私も、昔は踵九センチのハイヒールで階段を駆けあがったわ」
「昔はね。それじゃ、また、昔のようにやろうか」

モルダーは、かつて捜査の時によく使っていたのと同じ懐中電灯のスイッチをオンにする。
おなじみの青白い光が辺りを照らす。モルダーは、この懐中電灯を今でも捜査の必需品として、常に携帯しているのだ。

すると、スカリーも自分の懐中電灯のスイッチをオンにする。もちろん、スカリーも携帯している。
スカリーはちょっと自慢そうな顔をする。それを見たモルダーは、思わずニヤリとする。
ふたりはさらに階段を降りていった。

引用元 X-ファイル 2016 VOL.2 著者: クリス・カーター(竹書房・刊)

むう・・・。Xファイルファン、とりわけ劇中小道具マニアなら思わず唸るこの描写。

(小説版の)モルダーは、かつて捜査で使っていたのと同じ懐中電灯を今でも捜査の必需品として常に携帯しているのだ。かつて捜査で使っていたのと同じ懐中電灯を、だ。懐中電灯一本に込めるモルダーの捜査(おしごと)にかける情熱、そして懐中電灯一本に込めるモルダーとスカリーのパートナーとしての共通認識。クリス・カーターはさすがわかってらっしゃる。こちらも思わずニヤリ。


スポンサーリンク

1997年にFBIのチームワークを養う研修会にモルダーとスカリーらが参加する道中、事件に遭遇し、研修会をさぼりたいモルダーはなりゆきで地元警察に合流し、事件に首を突っ込んだ。そしてその際、図らずも(!?)モルダーに便宜を図り(!?)、『ほら、何も言わなくても分かり合えるじゃないか。僕らにはチームワークの研修なんか必要ないだろ』と言われたスカリー。スカリーもわかってらっしゃる。モルダー失踪後、ドゲットに『懐中電灯は持ってないの?』と聞かれて『あーん・・・持たないっ!(キリッ』と思わず言ったスカリーの気持ち、わかりますね。

ところで『モルダーがかつて捜査の時によく使っていたのと同じ懐中電灯』ってどれを指すのか。とりあえず、でかいマグライトとマクサビームは除外する(笑)ミニマグはともかく、スーツのポケットに入らないからな。

クリスマスイブなど限定的に数回だけ使用していたシュアファイヤ6Pか?

SUREFIRE 6P(旧型)との違いと、当時の競合他社製品との比較広告

おそらく彼がよく使っていた、というか中盤以降から依願退職までずっと捜査で愛用してきた青白い光を放つ強力な懐中電灯と言えば、これまで紹介してきたとおり、ストリームライト・スコーピオンだろう。

これだ。ストリームライトのスコーピオン。なんだお前の手か。まあ、いずれにせよどちらかのライトだろう。

そこはクリス・カーターもいちいち説明するのもめんどうだ… 商品名とかうかつに書けないし、キミらで勝手に想像しろ、って感じでむしろ妄想が広がる。さすがクリス。

しかし、スコーピオンってゴムスリーブだからどうしてもボロボロに劣化するので、消耗品扱い。モルダーは何度ゴムを交換したんだろうか。筆者は面白がって触ったり、ゴムを脱がしていたら買って半年でゴムがブニョブニョになった。こんなふうに。

日本フラッシュライトチャンネル様 http://www.lightch.com/other/scorpi.html

えっ、ってことは、この時代でもいまだにキセノンのフラッシュライトを捜査に使用するのか小説版モルダーは・・・。いつぞやのゴキハウス突入時にマグライトのバルブが切れたような怖い事態も再来?トークショーでスカリーが『キセノンのフラッシュライト』を茶化してしていたが(笑)いや、モルダーがSurefire 6p(旧)に純正LEDバルブP60Lを入れてLED仕様にしている可能性もあるぞ。それはねえよ(笑)

うーむ。我らが小説版モルダー捜査官は、局へ復帰する前に心機一転、新しい懐中電灯を買い求めに近所のウォルマートに走ったり、Amazonでレビュー評価の高いライトを注文するとか、そういうことはしないのか。

20年物のライトを愛用するモノ持ちがいい男、それがモルダー。FBI装備部から捜査官に支給されるFBI制式配備のLEDタクティカルライトでは満足せず、この時代でもロマンを求めて敢えてキセノンライトを選ぶ男、それがモルダー。局の経費を盛り盛り使って定期の経費監査で怒られて逆切れして監査官を殴るが、自分のモノは大切に扱うジャイアニズム。それがモルダー。

っていうか、モルダーのライトは私物だったん?いや、官給品の懐中電灯をスーツのポケットにしまい込んだまま、油田事件の責任を取って依願退職した可能性もあり。謎が謎を呼ぶ。呼んでねぇ。

冗談抜きに、キセノンライトがいまだにストリームライト社などでラインナップに並んでいるのは、キセノンを必要とする特殊な職業の人々がいるからだ。LED光源では霧や雨の中では乱反射して通過できず自らの光で『光の壁』を作ってしまうのに対して、キセノンでは光の透過率がLEDよりも高いので、霧や雨でも壁を作らずに遠方を照射できる。

このキセノンライトの特性がとくに必要とされているのが、悪天候時や火災の煙の中で救助・捜索活動を行う消防士や警察官だ。ひえっ。透過率モルダー……。

ただ、キセノンについてはライト通販専門店・アカリセンターさんがブログの『SUREFIRE 6P キセノン』の記事で以下のように書いているので引用させていただいた。

 

キセノンに関して言えば現状「ロマン」以上の性能はありません。

引用元 http://akaricenter.blog.jp/archives/52188131.html

 

ともかく、かつて捜査の時によく使っていたのと同じ懐中電灯を今でも捜査の必需品として、常に携帯しているという小説版のモルダー捜査官。彼がFBIに復職したとき、また思い出の詰まったサイドキック(ポケットの中の相棒)に活躍させてあげられると思ったんだろうなあ。

ライトマニアはモルダーを見習おうね。いや、お前がな。次々に新しいライト買っては飽きてオクで売ってんじゃねぇよ(笑)


スポンサーリンク