序章
『序章』より(リンク先はAmazon)

いまだ人気の衰えない名作ドラマ『X-ファイル』シリーズ。古典とも言えるこの海外ドラマに、もう何も説明はいらないと思うが、若い世代の方々のために多少の説明もしたい。

『X-ファイル(The X-Files)』は1993年から2002年まで米国のテレビ局FOXで放映された、超常現象に挑む男女二人の連邦捜査局(FBI)特別捜査官の活躍と苦悩、そして政府の陰謀を描いたミステリアスなドラマだ。

フォックス・モルダーは子供のころ、妹のサマンサが宇宙人に拉致されるという心の闇を抱えながらも、オックスフォード大学を卒業ののち、スコットランドヤード(ロンドン警視庁)を経て、米国連邦捜査局FBIの特別捜査官を拝命した秀才だ。彼は凶悪犯罪課の行動科学班でプロファイラー(心理分析官)として次々に凶悪犯を挙げるキャリアを積み上げ、将来の長官候補とも言われるほどに上層部から信頼されていた。

そんなモルダーはひょんなことから捜査の息抜きに・・・と、コーヒーと好物のヒマワリの種を手に読んだ未解決事件ファイル集、通称『Xファイル』にのめり込んでしまうのであった。書類キャビネット一杯に収録されたこれらのXファイルには宇宙人や心霊現象といった類のうさんくさい未解決事件ばかりが記録されていた。彼はこれらのファイルにすっかり魅せられて、ついにはXファイル課への転属願を自ら出してしまう。


スポンサーリンク

同時に彼は、局内での出世競争を自ら放棄した負け犬のオカルトオタクとして、同僚からはネクタイの趣味の悪さも相まって『変人(スプーキー)モルダー』と陰口を叩かれることになった。

X-ファイル課は決して世間の注目を集める起きたばかりのホヤホヤの凶悪犯罪やテロ事件を追う部署ではない。にもかかわらず、モルダー自身が局内でも優秀な心理分析の専門家であることから、かつての同僚、それにスキナー副長官からは大きな信頼を寄せられている。ネクタイは変だが。

フーバー・ビルの地下の日の当たらない、コピー室と資料室と掃除用具置き場を兼ねたような部屋だった一人左遷部屋『Xファイル課』に自ら転属したモルダーには同僚も部下もいない。先輩はいたが、とうの昔に局を退官していた。モルダーはこの部屋の『主』として朝8時30分から夕方5時まで一人でこの部屋にこもり、昼にはカート売りのサンドイッチを買って食べ、食べた後は必ず歯を磨き、これまでに記録された宇宙人や怪物、怪人といったものの写真を検証し、文献をあさって、それらの膨大な記録の山から事件と事件の関連性を見出しプロファイリングし、情報として価値を与えていくインテリジェンス業務のほか、ときには経費の使い方を叱責する監査官をボコボコにしばきつけたうえで、連邦捜査官として実際に現地へ捜査活動にも赴く。

モルダーの超常現象捜査をFBI上層部は『市民に慕われる捜査官プログラム』として積極的に広報することもなければ、咎めることもなかった。上層部もはじめは変人のお遊びや興味本位だろう…と軽く見て黙認をしていたのだ。しかし、次第に彼を煙たがり始めた。彼がお遊びや興味本位ではなく、妹の拉致という心の闇を晴らすべく、本気で宇宙人関係の捜査を始めたからだ。そしてモルダー捜査官は真実に行き当たる。ついに政府の影の組織は宇宙人が政府の陰謀と深くかかわっていることをモルダーに暴露されることを恐れたため、FBIの上層部に圧力をかけるのであった。

通称・肺ガン男。政府の影の組織の現場統括責任者とも呼ぶべきこの男はモルダーの元へ一人の才女を送り込んだ。ダナ・スカリー。捜査官および、科学者そして医師である。彼女のその科学的見地から『あなた疲れてるんじゃないの?疲れてるから宇宙人とか幽霊が見えちゃうのよ。ハイ論破。証明終了。ツルハでお薬買ってきたげよっか』などとモルダーを否定することで彼の捜査活動を抑制するとともに監視し、最終的には宇宙人はいないんだと因果を含めて無気力ニート化させて廃人にさせるという密かな任務が与えられていたのである。

ところがモルダーは、『監視人』の彼女が優秀な科学者であり、密命を帯びてXファイル課に配属されたということは百も承知であった。ちなみにスカリーの卒論のテーマも知っているぞ。

幸か不幸かスカリーは自分がxファイル課に送り込まれた本当の理由を知りつつも9年近く、この変人モルダーとさまざまな怪事件を捜査して解決に導き、ときに解決できずに殺されかけ、生死を分かち合い、助け合い、絶体絶命の危機を乗り越えていく運命共同体となるのであった…。

という物語ってわけ。

日本では1995年から97年までテレビ朝日で放映され、海外ドラマとしては平均視聴率15%と異例の好評を博し大ブームとなった。2016年には14年ぶりに実質的な「season10」にあたるミニシリーズが発表され、支持を得たことから、2017年にはseason11が制作され、2018年に日本でも公開された。

本作の脚本および製作総指揮をつとめたクリス・カーターは元々、コメディドラマの脚本家として活躍していた。なお、本人も数回、劇中に出演している。

『Xファイル』でモルダーとスカリーが使ってきた懐中電灯を作品レビューを挟みながら考察!


スポンサーリンク