【怪奇現象】函館市内の謎の爆発音事件、原因は米軍機?



2019年10月23日、2019年10月24日の二日にわたって、全く同じ時刻に北海道の道南地方や函館付近で爆発音が聞こえたと騒ぎになっています。

爆発音の原因とは誰なのでしょうか。 今回も怪奇現象やミステリーの要素がふんだんに盛り込まれています。 その秘密を探りましょう。

わかっていること

  • 爆発音が起きたのは道南地方や函館付近
  • 2019年10月23日(水)と24日(木)の二日にわたって発生
  • どちらも同じ19時40分頃
  • 複数の人が聞いている
  • 複数の人が揺れを感じているが、爆発音が発生した時刻に道南函館で地震は観測されず

火球の爆発音ではないのか

天文現象である流れ星、火球が地表に落ちてきた際に、大きな音を発生させることがあります。筆者も過去に何度か目撃し、爆発音を聞いたことがあります。

しかし、今回は爆発の光などみられていませんし、 二日連続で同じ時間帯に発生していますから天文現象ではないと思われます。


スポンサーリンク

爆発音は米軍機が原因?

早々にネタばらしをしてしまうようですが、原因不明の轟音とされるものの大半が戦闘機のソニックブームです 。

今回二日間にわたって同じ時間帯に発生した謎の爆発音とのことですから 函館爆発音の原因はまず間違いなく、航空機由来の現象でしょう。

考えられる所属機は青森県三沢基地の米空軍機。次いで空母の艦載機です。

米軍機はいちいちフライトプランの提出なんかしやしねえってファントム無頼を読んだ人なら知ってますよね?しかも、米軍機は日本の航空法の制限も受けません。

少なくとも、米軍機は日本の航空法で定められた「飛行禁止区域」「最低高度」「制限速度」を免除されています。

自衛隊機では絶対にやらない低空での音速飛行を度胸試しや操縦士の気分次第でやるのです。

今回のケースは同じ時間帯に発生したとのことですから、米軍の訓練の一環の可能性が強いでしょう。なお、爆発音とともに大きめの揺れがあったようですが、これもソニックブーム特有の現象です。

戦闘機のソニックブームとは?

ソニックブームとは航空機が音速に突入した瞬間、 発生する衝撃波による爆発音です。

この音は明らかに戦闘機などのエンジン音の大きな音ではなく、瞬間的に炸裂するようなドン!やバーン!というものです。

ただ、ソニックブームは低空で飛行する航空機でなくとも、高高度を飛行する航空機でも発生します。

例えば唯一の超音速旅客機であったコンコルドが巡航高度6万フィート(約1万8000メートル)で起こしたソニックブームが海上の貨客船から観測されたこともあります。

従って今回おそらく戦闘機ではあるのでしょうけれど、低空飛行していたとは限りませんことを付け加えておきます。

したがって、ソニックブームは単に戦闘機のエンジン音が響いた、とは全く異なる次元の衝撃波による爆発音なのです。

米軍機が函館周辺を飛行するのか

北海道に米軍基地はありませんが、航空自衛隊千歳基地での合同訓練を行いますし、近海を米海軍空母が通過した際には艦載機が道内上空で訓練します。過去には奥尻島周辺にF16が墜落しています。

自衛隊の訓練の可能性は?

少なくとも陸上自衛隊、航空自衛隊では爆発音を伴う訓練を当日行っていないとしています。

函館爆発音のまとめ

今回の原因は戦闘機のソニックブームだと思います。もちろん米軍はいつどこを訓練で飛行したなど公表しませんから住民が問い合わせても答えることもないでしょう。

ただし低空飛行だったとは限りません。とはいえ、米軍機による異常な低空飛行は筆者も過去に北海道内で経験しています。晴れた日に突然山の陰から黒い物体が高速で飛んできたかと思ったらドカン!と大きな音。飛び去っていく黒い物体はF16でした。こんなのいつ墜落事故が起きてもおかしくないですよ。日本は本当に敗戦国なんだと思った次第です。


スポンサーリンク