アマゾンで購入したマウスを「使いにくく手が痛い」という理由で返品→全額返金してくれた!



先日アマゾンで購入したマウスを使ったのだが、今まで使っていた一般的なデザインよりも違和感があり使いにくく、手も痛くなってしまったため、返品手続きを行ったのでそのときの記録をメモしておく。

アマゾンで購入した商品の返品手続き自体は過去2回やったことがあり、ひとつはスマホのカメラにゴミが入っていたために写真に黒いしみが写るという完全に不良品だったのが理由。

二つ目は木製のダイニングチェア。こちらは座るとギシギシと不快な音がするし、安定もしないという理由だ。

いずれもアマゾンプライムの商品で、返金手続きを行うとスムースに返品商品がアマゾン市川の返品係り側で受領され、即座に返品手続きが完了した。実際の返金自体はクレジットカードで購入したために3ヵ月くらいあとにカード会社の処理が行われることになるのだが、全額が問題なく返金された。

今回のマウスは、これらの商品の返品理由である初期不良とは異なり、その返品理由を「使いにくく手が痛くなった」とした。

事実、使うと手が痛くなってくるのだ。

この理由では正直なところ、全額返金どころか、半額返金と送料負担になるのではないかと思ったので、恐る恐るの返品を行ったのである。

今回の返品の重要な点

  1. マウス自体に不具合はなかった
  2. あくまで筆者が個人的に「使いにくく手が痛くなる」という点を返品理由として返品をおこなった

今回返品したマウスの商品名については伏せるが、いわゆるエルゴノミクスデザインというタイプのマウスであった。

マウスに不具合そのものはなかったが、基本とても使いにくいのだ。

すなわち、今回の返品は完全にお客様都合という理由である。

左クリックするとポインタ速度切り替えボタンまでなぜか無意識にクリックされ、速度が遅くなりストレスがたまる。これは不具合ではなく、使う側の問題なのかもしれないが。ただ、どのように使いにくいのかをもう少し詳細に説明すべきであったことを悔やむ。

アマゾンへ返品開始(返品方法解説)

まずアカウントの購入履歴にある当該商品から返品ボタンを押す。するとバーコードがでるはずなのでそれを印刷する。印刷した紙を商品の梱包にそっと入れる。そっとでもグワッとでもいいので、とにかく入れる。

なお、印刷しなくてもバーコードの下に書いてある数字をメモ用紙に手書きして、その紙を商品の梱包に入れて送り返すだけでもオーケーだ。

郵便局へ持ち込み

前回はヤマト運輸に持ち込んだのだが、今回は郵便局に持ち込んだ。地元のヤマトはすげえ、タバコ臭いのだ。いまどきお客の対応カウンターにタバコ臭が充満してるってヤマト運輸は事業者としてどうなの。郵便局はその点、問題なし。さすが元・役所。いや、役所も警察とかは男の脂とタバコの混じった匂いでクセエけど。

基本、着払いなのでまず、カウンターで着払い用の伝票をもらう。ここで郵便局の美人お姉さんより一言もらう。

「あの・・相手方は着払いを了承していますか?」

「わかりません・・」

「えっ」

「えっ」

知らんので、わからないと答えつつ、着払い用伝票をもらい、アマゾンの市川返品係り宛のあて先などを記入し、郵便局に引渡し、返送のための発送作業は完了。とくにこちらから返送のために発送しましたよとアマゾンに伝える必要など一切ない。市川に届いた時点で、アマゾン側からレスポンスがあるので、それを待つだけだ。

アマゾンへ返品の発送をして二日後

アマゾンより、返品が完了しましたという題名のメールが届く。おおっ。返品が無事されたのだ。とりあえず、この題名だけ見て小躍りする。

しかし、そこではっとする。待てよ。返品は受け付けられても、半額返金じゃないだろうな。しかも送料分も引かれていたりして。

もしそうなれば、今回のマウスは2300円だったので、お客様都合による返品と判断されてしまうと、商品自体の価格が50パーセントに減額され1150円に。さらに、上記理由から着払いで送った送料もこちらの負担となれば、返金額から送料として1160円が引かれ、実質的には返金どころか、マイナス10円となるはずだ。

これを「んなもん、お前が個人的に使いにくかっただけなんだから当然の対応だろ」という批判は甘んじて受ける。その線引きもまた個人の自由だ。

というわけで、恐る恐るメールの本文を読んだ。

ところが・・・。

 

あ、ああ・・・・

 

 

全額返金されてるーッ!

 

なんと、全額返金だったのである。しかも送料もアマゾンがもってくれたのでゼロ。引かれてはいない。ありがてえ。

2300円は勉強代と思ってアマゾンに収めても悔やまないつもりでいたが、まさか全額返金してくれるとは。どっちに足を向けて寝てはいけないのだろう。千葉県市川市方面か?欧米か?

なお、前回の返品はクレジットカード購入だったので、カード会社の実際の返金作業が反映されるのは3ヶ月ぐらいあとだったので、今回はアマゾンギフト券での返金をお願いしておいた。カードで小額の購入の場合は、ギフト券での返金のほうが、すぐ別の商品を買いなおせるので都合がよいと思う。

なお、返金されたアマゾンギフト券で買いなおしたマウスはこちら。

今まで使っていたものと同型である。すなわち、結局は同じ製品を買いなおしたのだ。このワイヤレス・マウスは低価格に見合わぬ高性能で約1年でホイールが空回りするまで正常に動いてくれた。

奇をてらったデザインよりも、やはり無難なマウスのほうが使い心地がよい。

まとめ

このようにアマゾンではお客様都合であっても簡単に返品できる。ただし、あくまでケースバイケースだろう。理由の如何によっては全額返金とはならず、また送料も購入者負担となってしまうと、実質的に返金額は0円に等しいこともあるので、今回の筆者の場合は運がよかっただけかもしれない。

だから決して安易に返品を勧める趣旨ではないことに注意していただきたい。また、返品理由を偽装したり、虚偽の理由をつけたりなど、もってのほか。返品をするならば、正直な返品を行ってほしい。それがアマゾンと我々消費者との良好な関係を作る一助になっていくのだ。

今回の件で、筆者はますますアマゾンが好きになったことは言うまでもない。今後も中国人が雇ったサクラレビュアーを見抜く心の眼を鍛えるのみ。


スポンサーリンク