各種で話題の「Yahoo! JAPAN登録情報ご確認のお願い」のメールについて一考。

先日、「Yahoo! JAPAN – 登録情報ご確認のお願い」という件名で
差出人「Yahoo! JAPAN Member Service <reg-master@mail.yahoo.co.jp>」からメールが送られてきた。

メールの文末には「発行:ヤフー株式会社」と添えられていた。

ヤフーをかたる新たな詐欺メールか!と焦った。 あまりにも怪しすぎるので。

タイトルも怪しいが、中身もかなり胡散臭かったのでヤフー株式会社にメールで問い合わせてみた。今回はその経緯を記す。

それではどんなメールだったのか詳しく説明していこう。


スポンサーリンク

メールの文面に「ヤフー」とあるが本物なのだろうか?

このメールの怪しさと言ったら半端ない。

  1. メールの題名が「Yahoo! JAPAN登録情報ご確認のお願い」
  2. メールの中のリンクが短縮メール

1についてはドラクエや、りそな銀行系詐欺メールで散々使われてる題名だし、釣りでも詐欺でもないのなら、今時こんなタイトルで送ってくるなんて、少し配慮が足りないのではないだろうか。

そして、2についても、さらに不安を煽るだけの無意味な短縮URLとしか思えない。

実際調べてみると、筆者同様に不安に感じて、このメールの真贋を知りたいという人が多かった。「Yahoo! JAPAN登録情報ご確認のお願い」でググったら、皮肉にもヤフー知恵袋で質問されており、詐欺メールだと結論付けられているではないか。また、多くの個人ブログでもこのメールを詐欺メールであると一蹴している。

だから、私もこのメールはヤフーを騙った何者かによる詐欺メールだと思った。

ただ、メールに記載された短縮URLを確認すると、飛び先はきちんとヤフーの公式サイトであった。

こうなると、ますます意味が分からない。

そして、結構な頻度で来るものだから、ついに私も重い腰を上げた。

余りにも怪しいので、送られてきた文面をそのまま直接ヤフーへ送って問い合わせてみた。

「御社からこのようなメールが来ているが、正規のものか?」
「ネット上ではこの題名のメールは詐欺メールと結論付けられているがどうなのか?」

聞きたいのはこの二点だった。メールのヘッダーも書けと言うから書いて送った。ヤフーが検証するのだろう。

そして翌日、すぐさま返答が返ってきた。さすがヤフー。

「このたびは、ご不安な中お問い合わせいただき誠に恐れ入ります。」

とのことで、結論から書くと

「(ヤフーは)ご連絡いただいたようなメールを送信する場合がございます。」

とのことだった。

返信の内容はざっとかいつまむと・・・

Yahoo! JAPANではYahoo! JAPAN ID(以下、Y!IDと表記)登録後に一定期間ログインが行われていないY!IDについては、お客様がY!IDをお忘れでないかを確認するため、ご連絡いただいたようなメールを送信する場合がございます。

メールに記載のURLが通常と異なる点については、短縮URLを利用しているためとなります。何卒ご了承ください。

以上だった。

つまり、過去にYahoo! JAPAN IDを登録してしばらくログインをしない人には自動で送られるということらしい。

そのうえで「ヤフーがこのようなメールを送ることは実際にある」ということと、メール文中の妙に怪しい短縮アドレスも問題ないという二点だった。

ヤフーがこのようなメールを送ることは実際にあるのだそうだ。そして、ヤフーの公式サイトURLはyahoo.co.jp以外にもあり、yahoo.jpやyahoo-help.jpなんてのもある。

ただ、
「このメールはヤフーの正規の配信ですか」と聞いて「はい、当社が送ったメールに間違いございません」ではなく、「ご連絡いただいたようなメールを送信する場合がございます。」という返答にお茶を濁しているような感じがするのは筆者だけだろうか。

まあ、結局のところ筆者がヤフーに文面をそのまま送って検証してもらって、「ご連絡いただいたようなメールを送信する場合がございます。」との回答を得たというのは事実だ。

メールの真偽についてのまとめ

それにしても、このメールについて、ネット上の多くのブログなどが「ヤフーを騙った詐欺メール」として注意喚起している一方、このメールはヤフーの正規配信メールであると断定しているサイトもある。

参考サイト様

『有名ポータルサイト Yahoo! JAPAN から、いちおう正規に送信されてる日本語表記の登録情報確認通知メールが存在するので紹介しますよ~。』

典拠元
http://blogs.yahoo.co.jp/fireflyframer/33854299.html

ただ、詐欺業者がこれをそっくり真似る可能性もあるから気を抜けないだろう。

筆者としては、なぜ短縮URLなのか、題名がなぜ昨今流行りの詐欺メールの題名と酷似しているのか?というヤフーに対する疑問は残った形になった。

そして結論は?

結論であるが、ヤフーに確認までしたのに、筆者もこれが本物か偽物か、不安が払拭できないままでいる。

なので、ヤフー自身があいまいな回答をしたように筆者も本物か詐欺なのか、断定は避けたいと思う。

つまり、ヤフーさんはこのようなメールを送信する場合がございます。

このようにまとめた。


スポンサーリンク