電車男オタク考察

 

 

demsyaotoko



「七人のおたく」から「電車男」へ。13年目に再び問い掛けるフジテレビ

初稿 2005年 07月16日 土曜日 12:06:50

13年ぶり「オタク」熱が再燃か? 小馬鹿にしていていたドラマ「電車男」が予想以上に初回から 面いので少し悔しい。

馬鹿にしていたのは私だけでなく当の「ネットの住民たち」の家であり、ドラマの舞台たる 「2ちゃんねる」でも全体的にドラマには難色を示していたように思う。

でも、なんだかんだ言って電車男の初回放映日は、2ちゃんねるのサーバーが落ちる寸前だったようで重くて重くてなかなかつながんなかった。

まあ、そういうわけで馬鹿にしてたもんだから映画版も本も見たことないのでこれからの展開も結末もわかりませんので非常に得した気分です。やったーって感じ。

電車男DX ~最後の聖戦~ [DVD]
電車男DX ~最後の聖戦~ [DVD]
B000IMUX98 | フジテレビジョン |  | 2006-12-22

で、馬鹿にしてた私が二話目も見るに至ったワケを書きたい。

ところで、この電車男について語る前に、ある映画を取り上げたい。 フジテレビには「七人のおたく」っていう「電車男」と同じ「オタク」を主人公にした 映画を13年も前に作った前科(笑)がある。

七人それぞれが持つ知識を結集させて人助け(?)をするというものだが、本質的には「電車男」にも通じるものがあると思う。



映画パンフレット 「七人のおたく」監督・山田大樹 出演・南原清隆/内村光良/山口智子
映画パンフレット 「七人のおたく」監督・山田大樹 出演・南原清隆/内村光良/山口智子

B004VIU2CS | アットワンダー

以下、フジテレビ出版(扶桑社)が1992年に出した 映画の解説本「七人のおたく」より引用。


「おたく」とは、心の中に自分だけの小さなパラダイスを持っている人たちのこと。自分にとって、大切にしているものや、自分の好きなジャンルは誰にでもある。その中で時間の感覚を失うほど没頭できる何かひとつのことを持っているのが「おたく」。 そしてそのパラダイスを大切にしながらそれを最大限に楽しめる人こそがおたくなのだ。

1992年当時、フジテレビが出したオタクに対する公式見解はこうだ。ずいぶんと肯定的なモノである。では今回の電車男ではどうか?非常に私は気になる。まあ、それについては回が進んでから書くことにしたい。


スポンサーリンク

で、あの映画には今回の「電車男」の主人公のような 『アニメオタク』はいなかったはずだ。そう。確かにいなかった。

七人のオタクたちはそれぞれ ・サバゲーオタ(ナンチャン) ・アイドルオタ(武田真治) ・無線オタ (知らん女子高生) ・格闘技オタ(ウッチャン) ・フィギュアオタ(知らないオヤジ) ・パソオタ(江口洋介) ・パソオタの彼女(山口智子 何のオタクだ?) という役振りだ。

フィギュアオタとパソオタが一番アニメオタクに近いと思うのだが、パソオタ役でパソコンソフトウェア会社社長役の江口洋介は 別にエロゲー会社の社長じゃないし (そもそもパソオタがイケメンってのは・・・なあ) 好きなゲームはフライトシミュレーターで、自社で作ってるパソコンソフトはゲームというよりは 航空力学シミュレーションだ。

マイクロソフトのFSに付属してた 機体設計機能みたいなもんかな・・。 (このソフトを使えば『誰でも空が飛べる』らしい。映画ラストの伏線でもある) フィギュアオタクも特撮モノのフィギュアオタで アニメ・ゲームキャラのフィギュアではない。

アイドルオタク役の武田真治はアイドルの同人誌を出していたが アニメオタクではない(ちなみに仲間にカネを持ち逃げされて新しい本が出せなかった・・)

察するにあの当時、フジの中にはにオタクを主役にしてはみたけれど 「さすがにアニメオタクはマズイんじゃないの」 という声があったンかな。

それは「ここに10万人の宮崎○がいます」 の発言からまだ数年しか経ってない時期でもあったし今のように農協や自治体や警察や三鷹市の水道局みたいにマスコットキャラにアニメ調のキャラ、 もしくはアニメの版権キャラを使用する時代ではなかった。

昨今の「萌えブーム」など無かったし本質的にアニメオタクは 犯罪者の代名詞とされていたくらいであり極論を言うと 「アニオタをカミングアウト=死」 という時代だった。

秋葉原などまだ『ラジオライフ』や『アクションバンド』片手に 懐に忍ばせた受信機のイヤホンを耳に差し込んだマニアが歩く街だった。 売ってるものも無線関係、違法コピーゲームソフトだったはずだ(今もアクション電波がアニメ雑誌に代わっただけで本質的には変わってないか)

でも、よく考えるとあの映画の内容でアニオタがいたとしても、なんの役にも立たないような気がしないでもない。

まあ、13年目のオタクドラマでようやく普遍的なオタクの象徴である 「アニメオタク」が登場したというわけだ。

しかしまあ、「モニターの向こう側」で主人公を応援する人間たちも、また何らかのオタクなんだよね。 電車オタク、AAオタ、コスオタ、サバゲーオタク(あれは絶対に本職が演習中の図ではない)・・。

当然、このシーンを見るとやはり「七人のおたく」を連想させずにいられないのだ。 私は「七人のおたく」はもっと海外に輸出すべきだと思う。あれはいい映画だよ。 「ミッドナイトラン」で主人公が賞金首の護送中、彼がわかれた元妻の家にいったとき 帰りに車に乗りこむ賞金首のコートの裾が ドアに挟まらないようにそっとさり気なく入れてあげる(手錠されてるから) シーンと同じくらい、ジーンとくる映画です。嘘です。

で、話を電車に戻して・・。 あ、OPアニメがDAICON4作目のオマージュ(劣化コピーと揶揄されている始末)なのね。 アニメをOPにするなんて賭けだっただろうな。しかもあれは若い女が見たら確実に「キモッ」というシロモノだからねえ・・。 私みたいなバニーガールコスチュームに異常な欲情を抱き(でも別にウサギである必要はない。 網タイツにあのボンテージ、首に蝶ネクタイ、ハイヒールがあるだけで耳と尻尾なんかいらん) 適度にリアル描写が好きな人間はあのOPアニメ 「月面兎兵器ミーナ」には・・・・結構・・こう、クルものがあります。 良いです。あれがもし今流行りの「顔の半分以上が目」でおまけにロリ体型 みたいな絵だったら私は電車男の第二話を見ていただろうか。 私、普通にデフォルメキャラクターは好きだけど ガチ幼児臭がする絵に興味ないので昨今の萌えブームには まったく乗っかれてないタイプの人間です。で、まあ私はとても奇抜でいいOPだと思うんですが、だいたいフジテレビのドラマ見るような自称イケテル女はアニメ見ないと思うしね。OPだけチャンネル回すからいいか・・。 まあ、今後「電車男」が何かの間違いで海外でも放映されるかもしれないが 、そのときは「ああ、日本の文化がまた間違って認識されるな」 と笑おうと思う。日本よりも家庭へのPC普及率が高い 国(シンガポールだっけ?)で放映されたらどんな反応があるか知りたい気がする。

でもねー本当にこのドラマ見て、目から鱗が落ちた感じがする。 モニターの向こう側には自分と同じ生身の人間がいるってことを忘れていた。 私は個人的にこのドラマに恋愛要素を求めてない。 (だからあえて劇中のデートやら何やらの場面について批評しません。) 求めていないといってもやっぱり作りが恋愛ドラマなのでまどろっこしい 部分があるが私はむしろフジテレビ言うところの 「ネットの住民たち」と「13年目のオタク」をどう描くか見たいのだ。 (主人公がこの先、コミケットでオタク仲間を集めて 孤島で何か変な作戦を企てないことを祈る)

いずれにせよ「電車男の映画を見て泣いた」とかブログで書いてた女を馬鹿にして悪かった思うよ。私もこのドラマの「終電」まで付き合うと思う。

なんちゃって!じゃ!!


スポンサーリンク