STV「釣~りんぐ北海道」のささげ名人、死去。
(初稿 2006年03月07日 Tue 22:10:54)

ささげ敏夫のかんたん釣り魚料理

ささげ敏夫のかんたん釣り魚料理
4998068997 | 捧 敏夫 | イベント工学研究所 |  2001-07

TVの番組「釣~りんぐ北海道」にパーソナリティとして出演されていた 捧(ささげ)敏夫さんがご病気のため本日、お亡くなりになられました。

病名は食道ガンで、享年61歳とのことです。 心よりご冥福をお祈りします。
http://www.stv.ne.jp/tv/tu-ring/index.html

意識してこの番組を見たことは無かったが 日曜の夕方にテレビのチャンネルを回すとこの番組が流れており 共演パーソナリティの元女性自衛官のタレントやSTVアナとの軽快なトークが心地よく、 気づくともう何年も夕日の照らす静かな時間の中でほぼ毎週見ていた。

故人の本業はタレントでも釣り用品メーカーのマルキューインストラクターでもなく、札幌市中央区薄野の居酒屋の店主だったそうだ。知らなかった。

長く親しまれた同番組「釣~りんぐ北海道」も捧氏の死去をうけ、 追悼特集を最後に終了するとのこと。 ささげさんは屈託の無い笑顔と優しい声とトークのほかにも、釣ったばかりの魚を豪快にぶつ切りにして揚げ物にしたりなど、実においしそうなアウトドアクッキングも得意で番組の名物でした。

昨今の地方局番組ブームでも珍しいほど、いやみを感じさせないローカル番組本来の上質な番組だったと思います。まさに新鮮な釣ったばかりの魚のような臭みのない番組でした。ああいう浜辺での料理を一度はやってみたいと思ってますが未だ、なかなか実現せずにいます。

ささげさんは「どさんこワイド」にも出ていたっけ。今思うと「あ、あの人が出てるな」とは思うだけで、ささげさんのことは何も知らなかった。

テレビに出ているのを見るとなんだかホッと安心するタイプの人っていうのはいる。ささげさんはそういうタイプの人だったなあ。

しかしまだ若い。61歳だ。ガンとは言えどやはりはや過ぎる。どうにもああいう人ばかりが早くに亡くなるのは やっぱり神様が呼んでいるとしか・・。あらためてご冥福をお祈りいたします。

長年、日曜の楽しいひとときを本当に有り難うございました。


スポンサーリンク