paku_kasjdkfasdj_TP_V

また、夜中の2時に電話が一回だけ鳴りましたか・・・・・・・・・・・?

夜中にいきなり電話のベルが「ルルルッ!」と少しだけ鳴って切れるというこの不気味な現象。

夜中にお腹がすいてムクッと起きて、キッチンでインスタントラーメンを作って一人で食べていると、突然電話が鳴ってびっくりしたり。電話をとろうとしても、一回だけ呼出音が鳴ってそのまま切れてしまうので取ることもできません。

私が中学生のときから意味不明な夜中のワンギリはよくあり、電話番号を変えて敢えて電話帳に個人情報を載せなくなった2012年1月現在でも月に1回程度、夜中のワンギリが定期的に続いています。

結論から言うと、夜中のワンギリ電話はほとんどが、機械的にかけられる与信調査目的で、心霊現象ではありません。与信調査?なんやそれ?うむ、解説しよう・・・・。


スポンサーリンク

夜中の電話(ワンギリ)は”与信調査”が大半の原因

与信調査と呼ばれる”電話番号の生存確認”調査をご存じでしょうか。

つまり、その電話番号が現在使われているか否かを機械的に電話をかけまくって調査をするというサービスを行う会社があるのです。このようなサービスはとくに大手企業もこぞって利用しているとされ、顧客の信用調査に役立てられているそうです。

だからと言って、夜中にワンギリをするのはかなり迷惑ですよね。

実際、「与信」を行っている企業の名称を検索ボックスに入れると・・・グーグルサジェストでは「与信○○ 迷惑」「与信○○ 違法」というキーワードが出てきました。他の多くの方もこのサービスはモラルや法律にも抵触してるのではないか?と考えているようです。

与信調査以外に”深夜のワンギリ”が考えられる理由

与信調査以外に考えられる理由は、あなたの実名や電話番号を勝手に掲載しているサイトが原因の悪戯電話かもしれません。誰かが悪意をもっていたずら電話をけている場合もあるでしょう。

あなたの家の世帯主の氏名をネットで検索してみましょう。もしかしたら・・。実は個人の氏名、電話番号や住所までが詳細に勝手にアップロードされている「住所でポン!ネットの電話帳」というサイトがあります。NTTの電話帳から勝手にデータを無断掲載しているということで大問題になっています。

電話帳のデータに著作権が認められるのか、グレーなところを狙っての無断転載なのでしょう。

この「住所でポン」サイト運営者は、サイトにアドセンスを設置し、数十万円規模の収入を得ていましたが、アドセンスの配信停止となり、グーグルを訴えるという行動に出ており、現在係争中です。また、電話番号や住所の典拠元であり電話帳の情報を無断転載されているNTTとしてはどのように責任をつけるのかが注目されているようですが、NTTは同サイトに対し公式にコメントしていませんでした。

しかし、2015年9月に「ネットの電話帳」に勝手に自分の名前と電話番号を載せられた人がサイト運営者を告訴しました。この問題が報じられると、NTTは「ハローページは『公開情報』。使用方法について著作権侵害などの不法行為が確認できない限り、規制するのは困難だ」というコメントを発表しました。

典拠元 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1512/18/news064_3.html

NTTのコメントを鑑みるとNTT側が何らかの対策をしてくれるとは期待しないほうがいいですね。

“夜中のワンギリの原因”まとめ

このように、主な原因は与信調査を目的とする機械的なワン切りが考えられるでしょう。さあ、とりあえず夜中のワンギリの可能性は与信調査だということがわかったかな?( ´∀`)

あまり怖くなかったね?(;・∀・)


スポンサーリンク