ハズシ系腕時計を考察してみる。

timex

最近流行のハズシ系(ハズシファッションとも)ですが、こういったハズシスタイルに欠かせないものが、廉価なデジタルの腕時計なんです。

中でも人気なのがカシオ、タイメックス、そして最近ではダイソーの100円時計。

今回、少しだけ考察してみました。


スポンサーリンク

タイメックスの角デジ

d60_timex

僕がつけてるのはこれ。日本限定のブラックコレクションと呼ばれるモデル。すごく液晶が綺麗でしょ?

でもね、正式に角デジと呼ばれるのはオリジナルモデルのシルバー色をしたTIMEX INDIGLO。

時計にもいろいろな種類のブレスがあるのですが、実はこのモデル、ジャバラベルトです。しかも、タイメックスのジャバラベルトはかなり変わっています。

金属ブレスの内部にゴムが入っており伸縮するのです。さらにブレスにはバックルがないんです!バックルがない腕時計・・。

つまり、あらかじめ調整しておけば、すぽっと手首にはめることができるのです。これは一分でも惜しい忙しい朝にはうれしいですね。レザーバンドだと結構時間がかかったりします。

皆さんはどうでしょうか?このジャバラベルトって言うのもタイメックス角デジの個性と言えますが「受け入れがたいぞ~」という人もいるでしょう・・!?僕の友人は、このジャバラを普通のステンレスベルトに取り替えて使用していました。

ところで、タイメックス腕時計のエピソードで有名なものがあります。

アメリカの大統領はタイメックスをつけて、よくテレビや演説に出るそうなんですね。それはタイメックス社が唯一のアメリカブランドだからなんです。つまり、大統領は国の指導者として自国製品を着用することで愛国心を演出しているわけです。さらには庶民的アピールも兼ねているのでしょう。たしかに、ロレックスじゃあね。

なお、大統領が着けているタイメックスのモデルはスポーツタイプのデジタルウオッチ「アイアンマン」というモデル。

TIMEX ユニセックス ファッショングッズ タイメックス【送料無料】TIMEX 8Lap USA タイメックス

また現在、オバマ大統領が専ら着けていることで話題となったのは、シークレットサービスから送られたシークレットサービス隊員限定販売モデルのクロノグラフ腕時計「JORG GRAYJG6500」(中国製)です。

これを自分の警護を担うSS隊員からプレゼントされたオバマさん、大感激しちゃったんだとか。日本でも同モデルの購入は可能だけど、SSのマークのついていない一般向けモデル。ネットショップで購入が可能。しかしムーブメントはジャパンメイドとはいえ、マニファクチャリングは中国製なのに高いなあ。

でも小浜さん、中国製の時計なんかつけちゃって支持率大丈夫?もう大統領辞めるから関係ないのかな?

ダイソーの100円時計

50_burupuratokei-300x225
ある時、100円ショップのダイソーに行って腕時計コーナーに目をやると、シンプルな腕時計が並んでいた。筆者が購入したダイソーの100円(105円)のこのモデルは「ブループラネット」という。

果たしてこの腕時計は日常生活でちゃんと使えるか検証しよう。

気になる機能は?

実装されている機能は時間と日付の表示のみで、曜日とクロノグラフ(計測)機能は無い。また、バックライトもないので夜間は実質的に外部の明かりがないと確認できない。

また通常、液晶表示される数値は時間と分だけで秒数はサイドボタンを押して表示させなければならないので、見たい時にひと手間かかる。日付もサイドボタンを押して表示させる。

そのためやはり、吊り売りのカシオの980円くらいのデジタルなどと比べても性能でかなり差がつくだろう。液晶画面が寂しいのも安っぽく見えるが、価格差にして10倍なので仕方がないか。

装着感は悪くない

いたって普通のウレタンベルトだが、それは吊り売りの980円のカシオと変わらないように思える。耐久性は不明だが、2週間たっても千切れたり割れたりなどは全く無かった。

ただし、しなやかさに欠けると思う。非常に軽く、気にならないのは良い。

防水性能は皆無である

最も注意が必要で、最大の致命的な部分は「非防水」であることだ。大きくパッケージに「非防水」と明記されている。日常生活防水すら無いので使える場面は限られるだろう。

突然の雨で傘を忘れてオシャカになることも考えられる。手洗いすらも危ないと思っていい。手を洗うときに時計に水がかかって浸水する可能性もありえるだろう。 風呂、シャワー、雨なんてもってのほか。

水どころか朝起きて気がついたら液晶部分に鼻毛まで入っていた・・・・。 どうなっているんだ・・。

電池の持ちについて

あくまでテスト用電池なのであるが2週間たっても液晶は薄くなることはないし普通に使えていた。

総評(追記あり)

このブループラネット、実に6か月着用したが電池は衰えることなく いまだにデジタル表示も薄くならずに時を刻み続けている。

防水ではないが安い、壊れない、電池は半年以上持つ。なかなか侮れない腕時計が実質100円で買えてしまうとはすごい時代だ。サバイバルゲームに使用してもいいかもしれない。

ただし、土はともかく水は一発でアウトなので、使い捨てと割り切るべきか。

ちなみにこのスタイルの時計なら、筆者はカシオよりもタイメックス・クラシックのデジタルが好きだ。表示が実によく考えられており、七つの各曜日が曜日ごとに違う位置に表示されることで視覚的に今日が何曜日か把握しやすい。

さらに液晶表示には見る角度によってグラデュエーションがかかり美しいのだ。

とまあ、100円ならこのブループラネットも買いだろう。

カシオの腕時計はSEIKOの腕時計と共に僕が一番信頼している腕時計です。壊れないし安い。

 

[カシオ]casio 腕時計 スタンダードデジタルウォッチ W800H-1A 【並行輸入品】
[カシオ]casio 腕時計 スタンダードデジタルウォッチ W800H-1A 【並行輸入品】
B001AWZDA4 | Casio(カシオimport)

 

さて、カシオと言えばGショックなのですが、ハズシ系のもう一派としてカシオの安いデジタルウオッチが流行ってます。

Gショックよりかなり価格帯が低く、ホームセンターにブリスターパッケージに入れられて「吊るし」で売られているいわゆるあの安い「Gショック風のデジタル腕時計」です。

[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード A158WA-1JF メンズ
[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード A158WA-1JF メンズ
B003OIB8Q0 | CASIO(カシオ)

安いデジタル時計だからと侮るなかれ。プレアコンパスというモデルはイスラム圏向けの時計で、なんとお祈りの時刻と方角を表示してくれる時計なのだ。プレイヤー・・つまり祈る人。礼拝者のことですがイスラム教は一日5回祈るというから大変。

さらにもう少し価格は上がりますが、オセロの松嶋サンがつけたことで爆発的に知名度が上がった
「データバンク」というシリーズがあります。

携帯電話でメモやアドレス管理ができる今の時代に無駄に多機能な腕時計っていうところがバカっぽいということで(松嶋さんがバカっぽいということではありません)これも20代の比較的若い男女たちにヒットしました。

これらは当然カシオの正規品ですが、Gショックほどの耐久性はありません。
レトロな外観とチープな安っぽさ(実際安いのですが)がメンズ誌でハズシ系アイテムとして紹介されると静かなブームが巻き起こりました。

そのせいか、逆輸入が盛んで日本では手に入りにくいものもネット通販では簡単に手に入るようになりました。

昔のカシオ、つまり「Gショック以前のカシオ」の時代、こういうちょっと面白いデジタルウオッチをたくさん作っていました。

しかし、壊れない・止まらないのGショックの爆発的ヒットでカシオは国内向けのこういったデジタル路線は縮小してしまったようです。こういうブームはいわゆる単なるビンテージスタイルと言うよりは「わざとつけている」という個性を演出させるんでしょうか。

カシオのデジタルが登場する映画各種

1983年に公開されたブルーサンダー。主人公の警察ヘリ・パイロットに扮するロイ・シャイダーがチープカシオの
1分間ストップウオッチ機能を使って警察のモータープールで車でスラロームしてタイムを計る遊びをやっています。
それをすることで「精神の安定」を図っている設定だそうだ。
特徴的なのが放射状に描かれるストップウオッチの機能。未来的でかっこいい。
さらにエネミー・オブ・アメリカでもカシオのデジタルが登場。
主人公はウィルスミス。当初、オメガの腕時計をしていますが
わけあってカシオのデジタルをはめるはめに・・・。

安いデジタル時計でハズシをやる!まとめ

まあこのように、安いデジタル時計を使って人と少し違うファッションをしてみるのも面白いと思いますね。


スポンサーリンク