ledp4004

レッドレンザー製品はT7、P4と購入してきて今回はP7.2。P7.2は前作のP7のリニューアルモデルである。これを今回リポートする。

レッドレンザー製品を買うたびに思うのは、このシリーズはハズレが無いなということだ。

押し込みは優しいが、キレ味の良いクリック感のあるテールスイッチに、美しい円形のワイド光。
とくにP4のブルームーンフォーカスの美しさにはため息が出た。


スポンサーリンク

価格も市販の同性能のライトとさほど変わらないか少々お高いだけで、各国軍や警察御用達のシュアファイヤなんかと比べ物にならないほど気軽に買える。

まあ、こんなものでDQNの顔をチカチカさせても逆上させるだけで何の護身効果もないのだが、やはり警察はフラッシュライトを護身用具として異常に目の敵にしているので隙あらば摘発したいと考えており、とにかく因縁をつけてくるのはもうDQN並みである。

だから、持ち歩くような、あるいは車に常備しておくようなライトを選ぶ場合、とにかく短くて、かつベゼルにトゲのついてないモデルを選ぶようにしたい。ホワッシーが勧めてるトゲトゲライトなんか持ち歩いた日にゃあ、「これ武器だね」と言われ長いマグライトなんか、車に積んでいれば、現行犯逮捕。一泊二日の留置場行きは勘弁。

現在、T7はお嫁に行ったので手元にないが、T7とP7はどういう系譜なのかはわからないが、形状も性能もそっくり。Tはタクティカルラインで、Pは・・・何の略だろう?

 

ledp4006

さて、このレッドレンザーシリーズには残念ながらとても精巧な”ニセモノ”が存在しているので注意が必要だ。現在まで確認されているのはP7、それにP12。

特徴は、パッケージに本来付属するはずの電池が付属せず、キャップをひねっても電池ケースが取り出せないという。

また、本体側面の表記の書体が違う上に、本来、ロゴの右端から始まるシリアルナンバーがそろってないなど。
そして何より、それらは市価より異常に安いということだ。
正規品は上段の製品名の右端と、下段のシリアルナンバーの右端が綺麗に揃っている。ご注意を。

さて、本製品の解説に戻ろう。
“フローズンブラック加工でコーティング”された本体。
何のことは無い。単なるマットブラックのツヤケシ塗装だ。
レッドレンザーの把握はごらんのとおり、チェッカリングが施されているが
凹凸がなく、スムースなデザインになっているため
シュアファイヤのようなクビレのあるデザインに比べると、やや滑りやすい。
今回それを防ぐためか、塗装による加工で滑りを補っているのだろう。

テールスイッチはゴム製になっており、驚くべき秘密が隠されている。それは・・T7では単体で不可能だった”平面上での起立”が、可能になったことだ。もっとも、倒れたら大変なので自己責任でやってほしいのだが。

このフローズンブラック仕上げの影響により、T7やP7のようなスムースなヘッドの動きができないという意見も多い。

筆者の場合は、ヘッドの押し出しは人差し指と親指の輪でやれば問題なく前進する。戻す場合は人差し指を伸ばして、ひっこめる方法が楽だ。


ledp4005

照射性能だが、ワイド側一杯にしても、一切のダークスポットが出ない。曇りのない美しい円形が闇を照らし出す。ああ、レッドレンザー買ってよかったなと思える瞬間。

だが、スポット側に近くなるにつれて、中心部が曇りだす。

そして、ワイド側に比べ、歪な光の形になってしまうのが残念だが、スポット側一杯になると中心の光に曇りは無くなる。

総評

買いだ。

 

エンジニア向けの製品 レッドレンザーP4ってどんな製品?

 

LED LENSER(レッドレンザー) P4 OPT-8404 [日本正規品]

 

 

いつもレッドレンザーの公式ホームページにある商品説明文を見ると、冗長な英語をそのまま日本語に機械翻訳したようなおかしな言い回しにニヤニヤする。

エンジニアのためのフラッシュライト。自動車整備士が車の下にもぐって作業するときや、ヒューズの交換を行うとき、このレッドレンザーP4はいい仕事をします。ワークシャツやジャンパーのポケットにフィットし、軽量なので気になりません。しかしながらその明るさは気になります。ランプヘッドを前後にスライドさせて操作するブルームーンフォーカスシステム、入手がしやすい単4電池×2本仕様などまさにエンジニアに最適です。

典拠元 レッドレンザーP4公式ホームページ

ちなみに私はエンジニアではないので整備などには使用していない。

レッドレンザーP4レビュー

レッドレンザー製品を買うのはこれで二回目である。前回はT7という単4電池を4本使用するタクティカル調のフラッシュライトを購入した。

220ルーメンで高性能だったT7なのだが、ずんぐりとしていて重く太かったために売却した。今回はその220ルーメンの約10分の一である25ルーメンのP4。

昔、エリア88で「プロジェクト4」通称、P4なる闇の組織が出てきた。が、どうでもいい。

ledp4_1

さて、本製品レッドレンザーP4であるが二つの種類があってブリスターパッケージ仕様とギフトボックス仕様の二種類がある。今回、筆者が購入したのはボックス仕様。暗い色のギフトボックスは紙製だが高級感がある。中にはP4本体、電池、クリップ、ストラップ、ナイロンホルスター、そして説明書が収まっている。ストラップは平型ではなく丸形で根元にもレッドレンザーの表記が入る専用のタイプ。

クリップの装着はかなり困難で装着の際は傷が付きます。今回、ホワイトデー用のクッキーなどと一緒にアマゾンで購入したのだがもちろん送料無料でこの安さ。楽天ではこの組み合わせで買える店はあるだろうか?

P4は爽快ドラッグでも売っているが。

私は楽天派だったのだがアマゾンのインターフェイスの使いやすさは楽天の比ではない。

軽いし、カートの「今買う」「今は買わない」の機能は親切だし、配送業者の配送ステータスもアマゾン内で確認ができる。

もうアマゾンで今後は買うようにしたいが、個人商店の寄合である楽天市場に比べればアマゾンの商品の種類が少なすぎるのが難点か。

レッドレンザーの惚れ惚れする点

・明るく綺麗な円形の照射ゾーン。 ・スライド式ベゼルによる、使いやすいワイド&スポット切り替え方式 ・一部の機種に搭載されたブルームーンフォーカスの美しさ 使いやすさなど

単四を使うので細いのは当然だが、それにもまして、よりスリムな印象を受けるのは程よい長さを持つためか。

先端は無段階でワイドからスポットに調整でき、先端を完全に引き伸ばして「ブルームーンフォーカス」となる。P4は25ルーメンの固定で、光量切り替えはできないのでもちろん回転はしない。 通常の状態でクローゼットの天井を照らした。スポット(ブルームーンフォーカス)より暗い感じ。

レンズ部分とそのほかの部分

 

ledp4_2 ledp4_3  ledp4_5 ledp4_6

 

スイッチは?

ledp4_7

もちろんテールスイッチタイプ。半押し点灯も可能。完全に押し込むとカチッという、こ気味良いクリック音が気持ち良い。 使用する電池について 単四乾電池を使用する。エボルタ(エネループ)の使用も可能。なお本製品に電池は付属してくる。

ledp4_4

直視はお勧めできません。 目に激しいフラッシュの残滓が。SATに閃光弾を投げつけられたような感じになります。

※投げつけられたことはありません

外での使用感

実際に夜間、外で使用してみた。今は冬で雪が積もっており、冬の北海道は街灯の無い場所でもかなり明るい。

ブルームンーフォーカスの具合は?

ledp4_8

定評のあるブルームーンフォーカスのくっきりとした輪郭と青い光はやはり美しかった。これは本当に満月じゃないか・・・。これをナマで見るために買ったと言っても過言ではない。壁から1メートル程度離した状態だが、この距離が最も美しいと思われる。ブルームーンは直径40センチ程度になった。ムーンの縁(ふち)もはっきり。

ledp4_9

壁から30センチだと綺麗なブルームーンだが青い縁(ふち)がやや、ぼやけておりさらに20センチ程度離れた箇所に光の反射ができてしまう。

総評

実はP2のほうが単4一本で点灯し、ランタイムもP4より上らしい。それでも私がP4を選んだのはそのスリムなデザイン。ブルームーンフォーカスの美しさも満足したし当分使ってみようと思う。

レッドレンザーの偽造品に注意

驚いたが、近年、LED LENSER (レッドレンザー) の偽物が出回っているという。 http://ledlenser.jp/support/attention_imitation.shtml 偽造品が見つかっているのは同社の『P7』など一部の商品で 販売価格が異常に安かったり、グリスまみれ、本来付属する電池が付属しない、 本体に印字された製品名の書体が違うなどが偽造品の特徴とのこと。私は幸いにして 偽造品をつかまされたことはないが、アマゾンでも売られており、注意が必要だ。


スポンサーリンク